いぼの切除ならプロにお任せ【施術の種類や相場価格をリサーチ】

レディ
  1. ホーム
  2. キレイに治すなら

キレイに治すなら

看護師

治療方法で違う術後の特徴

突起したほくろやいぼは、悩みの原因になることも多いですが、家庭では治療できないことが大きな課題です。ですが病院へ行けば液体窒素を用いて改善できますので、治したい場合は1度診察を受けてみると良いでしょう。そして、キレイに治したい時は、美容整形クリニックでのいぼ治療が効果的です。小さないぼはもちろんのこと、大きなサイズでも適切に切除してくれますので、悩みを解決できます。美容治療を専門とするクリニックですから、仕上がりの美しさにも定評があり、ただ切除するだけではない点が大きな魅力です。特に顔など、目立つ部分にできている際は治療跡も考慮する必要がありますから、先ずは美容系のクリニックで相談してみましょう。切除方法には炭酸ガスレーザーもあり、これは液体窒素では手に負えないものを治す目的でも活用される治療です。炭酸ガスレーザーは皮膚の奥深くまで達しないため、その作用は表面だけに限定されます。また、レーザーなら大抵1回の施術で治せますから、普段から多忙で何回も通院できない人にもピッタリです。ただし、レーザーで治療した患部は次の皮膚ができるまで表皮で守られておりませんので、バイ菌や紫外線を防ぐ目的のため、軟膏を塗って保護テープを貼っておきます。数あるいぼの中にはウイルス性もあるのですが、炭酸ガスレーザーなら、ウイルスも感染した細胞ごと熱処理できるのが特徴です。さらにこのレーザーは深部までダメージを与えないため、傷跡の治りが早いといった特色も持っています。術後の状態はいぼのサイズなどによっても違い、一般的に大きないぼや、深みがある場合ほど出血しやすくなっています。血が止まるまで患部を濡らせませんが、それがおさまればシャワーはOKです。その後、概ね1、2週間もすれば傷跡が乾燥しますので、完全に乾いていれば入浴も可能になります。いぼをレーザーで切除してから、およそ3週間から4週間ほど経過しますと、治療跡もほぼ完治します。一方、炭酸ガスレーザーを使った治療は8?程度までのものが効果的とされており、それより大きなものは大概皮膚切除で治療するのが特徴です。メスで切除すれば治療跡は1本線になるため、大きないぼでも比較的キレイに治せます。切開法では切除後に縫合を行いますので、1、2週間ほどしてから抜糸を致します。それぞれの治療方法によって施術後の特徴が違いますので、医師の指示に従って適切にケアを行い、何れの場合も患部をこすったり、日焼けをしたりしないように配慮します。