いぼの切除ならプロにお任せ【施術の種類や相場価格をリサーチ】

レディ
  1. ホーム
  2. 早く取りたいなら病院へ

早く取りたいなら病院へ

ウーマン

病院でキレイに取りたい

いぼがあるからといって命にかかわるものではありませんが、数が増えてくると見た目がきになるので切除した方がいいのか悩むでしょう。良性腫瘍の場合には自然に治りますが、感染系のものだといぼが増えてしまいます。またごく稀ですが悪性のものもあるので、できれば切除した方がいいでしょう。いぼにはウイルス性と非ウイルス性の種類があり、ウイルス性の場合にはヒトパピローマウイルスが多な原因です。皮膚に小さな傷があると、そこからウイルスが侵入し免疫力が低下している場合にはウイルスが活発していぼになってしまいます。非ウイルス性は皮膚の老化が原因で紫外線を浴びやすい顔や頭部にできやすく、老人性いぼとも呼ばれています。切除方法は自分で行う方法と病院で取ってもらう方法があります。自分で取る場合には市販薬と民間療法があり、これなら誰にも知られずにこっそり取ることができます。病院で切除する場合には液体窒素、レーザー療法、電気焼灼法など医療機器を使った手術の他に飲み薬や塗り薬もあります。病院なら色々な治療方法を選ぶことができ、キレイに早く切除することができます。ただ費用の面を考えると市販薬なら安く治療することができ、病院は保険が適用されても1万円程度の費用がかかります。顔など目立つところにいぼがあると気になってしかたがありませんが、市販薬や病院で切除することができます。自分で取るなら誰にも知られず費用も安く取ることができますが、自分で行うと雑菌が入る可能性もあり、病院の方がキレイに取ることができます。いぼを病院で切除する人は多く、病院なら保険を使って治療することができます。大きないぼだと切除した跡が気になりますが、病院なら傷跡も目立たないように治療することができ、液体窒素を使った治療が一般的です。液体窒素は痛みを伴う場合があるのでレーザー治療を行うこともでき、病院なら色々な治療方法を選ぶことができます。病院の治療をいうと皮膚科になりますが、美容外科でも切除することができ美容外科なら色々なレーザー治療を受けることができると人気があります。保険が使えない事が多いですが治療方法の選択肢が多く、軽度のいぼならいぼの跡を残さずキレイに取ることができます。また治療方法によっては色素沈着を起こすこともあり、美容外科なら皮膚疾患の治療の他に美容の問題も改善することができ、そのための技術やノウハウが豊富にあります。皮膚科と美容外科で悩むかもしれませんが、傷跡を残さずキレイに取りたい人は美容外科に行ってみるといいでしょう。