いぼの切除ならプロにお任せ【施術の種類や相場価格をリサーチ】

女性

見栄えの悪い肌をきれいに

女性

いぼ切除をする場合には、すぐに皮膚科で切ってしまったほうがいい場合と美容整形外科でレーザーなどを用いた施術を受けたほうがいい場合があります。傷跡が残るかどうかもしっかり考えて、一番納得できる方法でいぼを切除していきましょう。

早く取りたいなら病院へ

ウーマン

いぼにはウイルス性と非ウイルス性があり、早く治療したい人には病院で切除するといいでしょう。病院に行く場合には皮膚科と美容外科があり、色々な治療方法を選ぶことができますが、傷跡を残さずキレイに取りたい場合には美容外科を選ぶといいでしょう。

液体窒素とレーザーの料金

ナース

いぼいぼ.com

いぼの切除は專門クリニックに依頼するのが安心です。跡形もなく取り除いてくれますよ。

クリニック選びのポイント

いぼが出来てしまうと見た目が悪いので、自分で市販薬などを利用して取る人もいますが、安全にキレイに取るならクリニックで切除することをオススメします。皮膚科でいぼを取る場合には液体窒素とレーザー治療が一般的で、切除方法によって保険が使える治療を使えない治療があります。液体窒素はほとんどの病院で保険が使える治療方法で、液体窒素によっていぼを凍らせて数日するとポロリと取れる方法です。保険が使える場合なら治療費の相場は1,000円程度で診察料なども取られるので2,000円を見ておけば問題ありません。レーザー治療はいぼにレーザーをあてて焼き落とす方法で、炭酸ガスレーザーを使う病院が一般的です。傷跡も残らずキレイに切除することができますが、保険が使えない病院が多いので液体窒素と比べると治療費は高くなります。皮膚科によって治療費は異なりますが、1個5,000円〜10,000円が相場で、皮膚科によっては10個で10,000円というところもあります。またいぼに大きさによって料金が決まっている皮膚科もあるので、治療を受ける前に費用の相談をするといいでしょう。皮膚科以外で美容外科でも切除ができますが、美容外科ではレーザーによる治療になるので保険を使えない事が多く、5mm程度であれば皮膚科と同様の費用がかかります。皮膚科には皮膚科専門医という制度があり、5年以上の診療・手術・研究の実績があり、論文発表、学会発表などの定められた条件をクリアした皮膚科医の事を皮膚科専門医といいます。皮膚科専門医は常に新しい知識を持っているなて、いぼ切除病院選びで迷ったら皮膚科専門医がいるところを選ぶといいでしょう。また美しさを重視していぼを切除したいなら美容皮膚科がおすすめで、皮膚科は皮膚を健康にするための治療をするところですが、美容皮膚科は皮膚をキレイにするところです。皮膚科なら保険を使うことができますが、美容皮膚科は自由診療になるため費用は高くなりますが、キレイにいぼを取りたいなら美容皮膚科に行くべきです。1回の治療で取れてしまう場合もありますが、何度もクリニックに通う必要がある場合もあります。液体窒素は1〜2週間ごとに2〜3回通う必要があり、レーザーの場合でも2〜3回は最低通うことになるので、通院することを考えると自宅や職場から近い通いやすいクリニックを選ぶといいでしょう。皮膚科や美容皮膚科はたくさんあるので、まずは行ってみたいと思ったクリニックを受診して病院の雰囲気や医師や看護師の対応をチェックしてみてください。もし自分と合わないと感じたら、今回は様子を見ますと伝え他のクリニックを探してみるといいでしょう。

キレイに治すなら

看護師

ほくろやいぼを取りたい時に利用すると良いのが、美容整形クリニックなどで提供されているいぼ治療です。炭酸ガスレーザーやメスでの切除法など、各治療方法で施術後の特徴も違うため、医師の指示に従って適切にケアします。

お肌の問題の改善方法

相談

皮膚にできてしまったいぼは切除すれば対応できますが、自分で行うのはリスクがあるのでクリニックが向いています。治療を行う場合は一般的な医療行為と変わらないので、難しくありませんが保険が効かない治療には対応がいります。